TOP > ISO29991

ISO29991

ISO 29991は2014年3月15日に発行された国際規格「公式教育外の語学学習サービス-要求事項」(原文:Language learning services outside formal education-Requirements)です。ISO 29991は、公式教育・訓練以外の学習サービス全般を対象としたISO 29990「非公式教育・訓練のための学習サービス」から派生し、「語学学習サービス」に特化した要求事項を定めています。
なお、ISO 29991の規格分類は、サービス規格でありマネジメント規格ではありません。

◆規格名称
「公式教育外の語学学習サービス-要求事項」
(原文:Language learning services outside formal education-Requirements)
◆規格の目的
学校教育外の語学学習サービス市場の透明性および信頼性の向上
消費者にとって不利益な慣行を防ぐことによる消費者の保護
全ての利害関係者に対する語学学習の質の向上
◆適用範囲
あらゆる種類 及び 規模の語学学習サービス事業者を適用範囲とする。
語学学習サービス団体及び協会・組合を含む。
学校・大学などの公式教育機関においては、ふりかえりや自己評価のためのツールとなり得る。
◆要求事項
ISO 29991は、以下に関する要求事項で構成されている。 語学学習ニーズの明確化、語学学習サービスの設計、講師、語学学習教材の利用可能性、語学学習環境、語学学習のアセスメント、語学学習サービスの評価、 語学学習サービスの販売促進及び広報宣伝、入学した学習者及びスポンサーのための語学学習サービスに関する情報、(授業料等の)請求 等
◆規格の特性と他規格との関係性
ISO 29991はサービス規格であり、ISO 29990:2010に依存しない単独の規格です。詳細は、ISO/TC 232国内審議委員会の作成した「附録 ISO 29991:2014に関する補足説明pdf」を参照のこと。(本附録は、2015年12月1日からISO 29991:2014規格書の巻末に追加されています。)